内気なアフィリエイター

内気なアフィリエイターのネットビジネス奮戦記

カウルはメルカリと連携していて本の断捨離に効果的(ヤフオクより売れる)

読了までの目安時間:約 11分

 

カウル

部屋が狭くてヒーターを出そうと思っても置く場所に難儀したので本を処分しようと決意しました。

 

以前ブックオフに持っていたところ手間を考えたら捨てたほうがマシのような買取価格でしたので今回は捨ててしまおうかとも思いました。しかし、せっかく多少なりともネットビジネスをかじっているのでヤフオクに出品してみることにしました。

 

一冊一冊入力するのは手間だと思ったのでとりあえず同ジャンルのパソコン関係の書籍を15冊ほどまとめて送料落札者負担で1円出品してみました。出品の際のタイトルには1,2冊主要な本のタイトルを入れてあとは写真のみの掲載です。

 

そうしたところ見事に1円で落札されました。これならブックオフの方がマシでしたね。そこで今度はビジネス書関係をやはり15冊ほど最低落札価格を500円にして出品してみました。

 

今度は、ウォッチリストには何名か登録されるのですが入札はされません。2週間ほど出してみましたが入札されないので諦めました。

 

やっぱり捨てるしかないかな? と思いましたが最近話題のメルカリに出してみようと思い直しました。

 

メルカリは以前から気になっていましたがなかなか重い腰が上がらず手付かずになっていました。

 

そしてようやく重い腰を上げて少し調べている内に今年の6月頃に出来たメルカリの姉妹アプリ、カウルというのがあるということが分かりました。

 

メルカリカウルとは?

メルカリは法に違反しないものならほとんどのものが出品できるフリマアプリですがカウルは本やCD・DVDに特化したメルカリの姉妹アプリです。

 

カウルの最大の特徴はスマホを本やDVDにかざすだけでバーコードを読み取って商品情報が自動入力されるということです。

 

自動で入力される商品情報の具体的な項目は、タイトル、著者名、発売日、定価、本の内容、出版社、サイズ、ISBN、です。これらを手入力しなくて良いということはとても大きなメリットです。

 

バーコードのない本でも本のタイトルで検索できヒットすれば出品できます。ヒットしない場合はメルカリの方から出品するしかないようです。その場合は商品情報を自分で入力する必要があります。

 

カウルに出品したものは自動でメルカリにも出品されます。

 

カウルの場合、出品する際に売れやすい価格のサジェストが出るのも価格を決定する際参考になります。あとから変更することも簡単です。

 

出品した本はアマゾンマーケットプレイスのようにで安い順番に並びます。したがって最安値で出品するとかなり売れやすいです。

 

カウルを使うには?

カウルを使うにはまずはじめにメルカリアプリをスマートフォンにインストールする必要があります。メルカリのアカウントを作成した後にカウルをインストールします。

カウルでの出品方法

カウルでの出品方法は先程も書いたように本の場合(おそらくCDやDVDでも同じだと思いますがまだ本しか試していないので本について書きます)バーコードにかざすだけでタイトルや著者名などの基本的な商品情報が入力されます。

 

バーコードは2つ縦に並んであり上のバーコードのみスキャンすれば良いようです。しかし、どちらか忘れてしまっても両方ともスキャンしても自動的に商品情報のみ読み込んでくれます。

写真は4枚添付可能で最低1枚は添付する必要があります。

状態の説明は
・新品、未使用
・未使用に近い
・目立った傷や汚れなし
・やや傷や汚れあり
・傷や汚れあり
・全体的に状態が悪い
の中から選べばOKです。

 

オークションやフリマの場合は多少厳し目にチェックして正直に傷や汚れがあることを明記しておいたほうが得策です。甘めにしてしまいますと悪い評価を付けられやすくなり後々売りづらくなります。

 

独自に商品説明を書き込む欄もありますが必須ではありません。しかし、スマホなら一度入力すると予測入力で定型文が出てくるので楽ちんです。最初あまり評価がないうちは入れておいた方が良いでしょうね。たくさん良い評価が集まれば不要かもしれませんが…。

 

その他では
配送の方法
発送元の地域
発送までの日数
を選択肢の中から選んで後は出品するのみです。

 

カウルの凄いところ

カウルでは指定の配送方法を使えば宛名書きは必要なく住所や氏名の入力さえも必要ありません。これは最近のヤフオクも一緒ですね。

 

はやり一番大きいのはタイトルや著者の入力が不要ということが大きいと思います。あとこれは全く同じ条件で試したわけではないので正確ではありませんがヤフオクよりもカウルの方が売れやすい気がします。

 

というのも最初に書いたようにヤフオクに15冊まとめて500円で出品しても売れなかった本がそのうちの1冊だけ1000円でカウルに出品したところたちまち売れてしまったのです。

 

ただ送料を前者は落札者負担として後者は出品者負担だったことが影響したのかもしれません。また、いくら安いといっても読みたくない本は買いたくないですよね。

 

しかし、カウルで1000円で売れた本を今ヤフオクで見たところ送料込み1150円と950円で出品されていましたがどちらも入札はないのでやはり、カウルは今のところ売れやすいと思います。

 

「今のところ」と書いたのは売れやすいということが知れ渡ると皆が出品して値崩れしてあっという間に売れにくくなるからです。

 

したがって、カウルで本を断捨離するには今がお奨めです。

 

また、カウルはメルカリ同様匿名発送が可能です。これはらくらくメルカリ便かゆうゆうメルカリ便を使わないと匿名にならないので注意が必要です。

 

転売で利益を出すのは厳しそう

 

ただ、多少ヤフオクよりも高くは売れると言ってもヤフオクで仕入れて転売して利益を出すのは結構難しいと思います。手間ひまかけるほどの価格差のある本を見つけるのも大変だし多少の価格差では送料で帳消しになってしまいます。

 

また、メルカリの方は基本的に個人を対象としていて転売業者への締め付けも最近厳しくなっているようなので。転売で有名な船原さんのメルマガに書いてありました。まあうまくやっている人もいるのかもしれませんが…。

 

しかし、不用な本やDVDを処分してお小遣いを稼ぐ程度なら十分可能です。

 

招待コードは入力したほうがお得です

メルカリ&カウルをやってみようと思った方は次の招待コードをお使い下さい。メルカリアプリをインストールしてアカウントを作成する時に招待コード入力欄が出ます。

 

もちろん入力しなくてもアカウントは作成できますがお互いの個人情報は一切わからずポイントが貰えるのですから貰わない手はありません。

 

招待コード:AAKHCR

 

注意しなければならないのはポイントは招待コードを入力しただけでは貰えないということです。私は招待コードを入力したにも関わらずずっとポイントがゼロのままだったので調べたところくじ引きを引かないと貰えないと言うことが分かりました。

 

クジはメルカリアプリを立ち上げ左上の三のようなマークこれ↓赤枠内をクリックし

 

「招待してポイントをGET」↓赤枠内でクジを引くことが出来ます。
メルカリ招待コード

 

この招待クジは当たりやすいかも?

 

招待コードを入力すると招待した人とされた人が1回ずつクジを引くことができるのはいま書いたとおりですが、さらに招待された人が登録から30日以内に商品を出品し購入されたら招待した人とされた人がもう一度ずつクジを引くことができます。

 

私は、先程書いたように本を出品してすぐ売れたので2回引くことが出来ました。1回目はA賞からE賞まであるうちの最低のEの50ポイントでしたが2度めは何と1番のA賞で10000ポイントが当たりました。

 

こういうポイントは最初に現金でいくら以上買わないとダメとか意外な落とし穴があることが多いのでちょっと試しに1000円の品物をポイントで購入してみました。

 

そうしたところ無事購入することが出来たので安心しました。

 

10000ポイント当選証拠画像

 

ポイント証拠画像

 

とあるサイトには招待コードでどちらも(招待した方とされた方)300ポイント貰えると書いてあるサイトもありますがそれは貰えませんでした。期間限定だったのかもしれませんね。

 

メルカリは現在好調でしばしばキャンペーンで大盤振る舞いをしているようなので要チェックです。

 

私はまだメルカリは未体験ですがこれから年末に向けて本以外もメルカリを使って断捨離していこうと思います。

 

メルカリカウルまとめ

・バーコードピッで本、CD,DVDの出品が超簡単。
・本は現在ヤフオクよりも売れやすい。
・宛名書き不要で送料もリーズナブル。
・匿名発送が可能なので一人暮らしの女性でも安心。

 

※本であれば、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット:A4、厚さ3cm以内、1kgまで175円
厚さが3cmを超える場合は
らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト、20×25×5、箱代65円+380円=445円

 

大抵上記どちらかで間に合います。

 

あなたもメルカリ&カウルで断捨離しませんか?

 

 

ネットビジネス    コメント:0