アラカン無職のアフィリエト実践記ブログ

アラカン無職のアフィリエト実践記ブログ

どんなときもWi-Fi、限界突破Wi-Fi、Mugen WiFi、最安値のモバイルWi-Fiは?

読了までの目安時間:約 12分

 

U2s

どんなときも諦めずに限界突破して無限の可能性を追求しよう!

 

 

mugendai

ADSLからWiMAXに乗り換えた際に書いたこちらの記事から2年が経ち更新月となりました。

 

少し調べたところどんなときもWi-Fi限界突破Wi-Fi、、Mugen WiFiが速度制限もなく料金もリーズナブルなので3強でした。したがって次はこの3社のどれかに決めます。

 

上のイラストを見たらどれにしたかすぐに分かってしまうと思いますが(笑)。

 

PEPABO WiMAX を解約する理由

 

今月と来月の2ヶ月が違約金なしで解約できるチャンスです。

 

2年を超えて使うと料金が上がるというなんとも不可思議な料金システムなので解約することにしました。

 

2年間が特別価格と表現されていますが…。

 

ギガ放題の通常料金が4849円(税抜)で25ヶ月間は1240円割り引くとなっています。

 

解除月を逃して解約すると9500円も違約金を取られて継続するにしても月額1240円も高くなるので大損です。

 

ワイマックスをキャッシュバックブランで契約するとキャッシュバックをもらう口座を数カ月後(すぐではないところがミソ)に登録する必要があります。そうするとたくさんのダイレクトメールが来て口座登録案内のメールを見逃しがちになるそうです。私はキャッシュバックプランではなかったせいか一度しかペポパからDMは来ませんでした。

 

そしてそのたった一度のDMタイトルが「【WiMAX 2+】【月額¥2,590(税抜)~】GMOとくとくBBのおトクに使えるWiMAX 2+をご紹介※更新期間のお知らせがあります」

長いタイトルの最後に「更新のお知らせ」とありました。実際の更新の案内もメールの最後の方に書いてありました。

 

まぁ、案内が来なくても私はしっかり更新月を把握していたので問題ありませんがちょっと戦略を感じさせるお知らせのタイトルですね。

 

そしてこのメールアドレスは申込みをした時に来た案内のアドレスと違うので大量にメールが来る方の場合メールアドレスで振り分け設定していると見逃す可能性があります。

 

そしてメールに書かれていた案内にしたがって解約したい旨通知したところ「解約手続き完了」のメールが返信されてきました。このへんは、引き止められたりはしないのでラクです。

 

端末もSIMカードも返送不要とのことでした。勝手に処分して良いようなのでメルカリにでも出品してみようかな?

 

ちょっと見たところ案の定すでに出品している人がいました。

 

「PEPABO WiMAX を2年間使用した感想」

 

ワイマックスに乗り換える際に書いたこの記事にも書きましたようにADSLの不調のためにワイマックスを導入しました。

 

したがって、モバイルWi-Fiと言っても外出先でスマホを使うためというよりは自宅で通常のパソコンでの使用が目的でした。

 

そういうわけでルーターもL01という据え置き型のものを選択しました。

 

速度は、通常はほぼ問題なく遅いと感じたことはほとんどありませんでした。不調になったADSLのときよりは断然快適でした。

 

ワイマックスのギガ放題プランは「放題」と歌っているのに反して3日間で10ギガ以上使うと制限がかかるということは予め分かっていたので覚悟していました。

 

私はYou Tubeも一日に何時間も見ることはないのでそんなに使うことはめったに無いから大丈夫だろうと思っていました。

 

そして、実際ほとんど制限がかかることはありませんでした。

 

しかし、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを利用して映画を何本か続けて見たときには制限がかかってしまいました。

 

最初、忘れていて何か遅いなと感じましたが、すぐに映画を何本か見たから制限がかかったのだと気づきました。

 

そしてルーターをみたところ黄色いStatusランプがゆっくり点滅していました。

 

3日で10ギガというのはネットで動画をたくさん見る人にとっては軽く超える容量ということがわかりました。

 

また、オンラインゲームをする人にとってもこの制限は致命的です。

 

したがってWiMAXはたとえギガホーダイプランでも大量の動画を見たりアップロードする人(YouTuberなど)には使えないサービスです。それ以外の人ならほぼ問題ないと思います。

 

新しく契約した回線

次は、光ということも少しだけ頭をよぎりました。私はDMMmobileを使っているのでDMM光を使うとお得という噂を聞きました(詳しくは調べていません)がDMM光は(DMMmobileも)新規受付は終了していました。

 

どうもDMMmobile楽天mobileに吸収される感じです。DMMmobileはかなり安かったので儲からなかったのかもしれませんね。楽天に吸収されると料金上がるのでしょうか?

 

そういうわけで今回もモバイルWi-Fiを使うことにしました。

 

少し調べたところPEPABO WiMAXよりも安くて3日で10ギガという制限もないモバイルWi-Fiがいくつもありました。

 

最初に、「おっ、これいいじゃん!」と思ったのはどんなときもWiFi
です。こちらは月額3480円(税別、以下同じ)、2年縛りです。詳しい条件は比較表参照。ただ、こちらは期限に端末を返却する必要があるので少し面倒です。

 

次に見つけたのが限界突破Wi-Fiです。こちらは月額3500円でどんなときもWi-Fiより20円高いですが、通常3000円かかる初期費用が0円なのでトータルすると2520円安くなります。

 

しかも限界突破Wi-Fiは期限に端末を返却する義務がないので「もうこれでいいや」と8割がた心は決まっていました。

 

そうしたところ今度はMugen WiFiというサービスがあるのを知ってしまいました。こちらは月額3280円で最安値です。そして限界突破Wi-Fi同様期日に端末の返却義務はありません。ただ、MugenWi-Fiは初期費用が3000円かかります。

 

それでも2年間トータルでは限界突破Wi-Fiよりも2280円安いです。

 

おそらく2019-12-13時点では最安値ではないでしょうか?

そこで

Mugen WiFi

に決めました。今月いっぱいはPEPABO WiMAXが使えるので1/1からMugenWi-Fiに切り替えるのがベストでした。確認したところ12月中に申し込んで1/1から開始することも可能とのことでしたのでそのように対応して頂きました。

 

したがってまだ使っていないので使用感をレポートすることはできませんが、なるべく早くレポートしようと思います。

 

※何れも消費税抜きの金額です。また、補償は加入しないものとして計算しています。

限界突破Wi-Fi どんなときもWiFi
Mugen WiFi(格安プラン)
初期費用 0 3000 3000
月額料金 3500 3480 3280
補償料/月(加入義務無) 500 400 500
契約期間 24ヶ月 24ヶ月 24ヶ月
2年間トータル 84000 86520 81720
2年後、月額料金 3500 3980 3280
解約違約金 24ヶ月未満、18000
更新月後、5000

12ヶ月未満、19000
24ヶ月未満、14000、
更新月後、9500
1~12ヶ月、9000
13~24ヶ月、5000、
更新月後、0
更新期間 3ヶ月 1ヶ月 1ヶ月
端末機種 jerfon P6(スマホ) U2s U2s
端末 返却義務なし 返却義務あり 25ヶ月使った場合返却義務なし
それ以前の解約はは返却義務あり
通信回線 クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM
データ容量 無制限 無制限 無制限
速度制限 なし なし なし

                                  (2019-12-20現在)
 

 

ということで今のところ料金的にはMugen WiFiが最安値ということになります。

 

最後までお読みいただいた方への取って置きの情報

普通であれば「最後までお読みいただきありがとうございます」で締めくくるところですがここまでお読みいただいたあなたへ感謝のしるしとしてもう一つ知らないと損をするとっておきの情報をお知らせします。

 

Mugen WiFiどんなときもWi-Fiにはさらにお得に購入する方法があるのです。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、Mugen WiFiどんなときもWi-Fiは自己アフィリエイトが可能です。

 

A8.net
で可能です。

 

こちらを利用するとMugen WiFiは3000円、どんなときもWi-Fiは5000円さらに上の表よりもお得になります。

 

また、Mugen WiFi
もしもアフィリエイトで申し込むと3070円お得になります。わずか70円ですがA8.netよりもお得です。

 

もしもアフィリエイトは標準的なアフィリ報酬より12%上乗せされるのでお得になるケースが多いです。

 

 

インターネット    コメント:0