アラカン無職のアフィリエト実践記ブログ

アラカン無職のアフィリエト実践記ブログ

どんなときもWi-Fi、限界突破Wi-Fi、Mugen WiFi、最安値のモバイルWi-Fiは?

読了までの目安時間:約 12分

 

U2s

どんなときも諦めずに限界突破して無限の可能性を追求しよう!

 

 

mugendai

ADSLからWiMAXに乗り換えた際に書いたこちらの記事から2年が経ち更新月となりました。

 

少し調べたところどんなときもWi-Fi限界突破Wi-Fi、、Mugen WiFiが速度制限もなく料金もリーズナブルなので3強でした。したがって次はこの3社のどれかに決めます。

 

上のイラストを見たらどれにしたかすぐに分かってしまうと思いますが(笑)。

 

PEPABO WiMAX を解約する理由

 

今月と来月の2ヶ月が違約金なしで解約できるチャンスです。

 

2年を超えて使うと料金が上がるというなんとも不可思議な料金システムなので解約することにしました。

 

2年間が特別価格と表現されていますが…。

 

ギガ放題の通常料金が4849円(税抜)で25ヶ月間は1240円割り引くとなっています。

 

解除月を逃して解約すると9500円も違約金を取られて継続するにしても月額1240円も高くなるので大損です。

 

ワイマックスをキャッシュバックブランで契約するとキャッシュバックをもらう口座を数カ月後(すぐではないところがミソ)に登録する必要があります。そうするとたくさんのダイレクトメールが来て口座登録案内のメールを見逃しがちになるそうです。私はキャッシュバックプランではなかったせいか一度しかペポパからDMは来ませんでした。

 

そしてそのたった一度のDMタイトルが「【WiMAX 2+】【月額¥2,590(税抜)~】GMOとくとくBBのおトクに使えるWiMAX 2+をご紹介※更新期間のお知らせがあります」

長いタイトルの最後に「更新のお知らせ」とありました。実際の更新の案内もメールの最後の方に書いてありました。

 

まぁ、案内が来なくても私はしっかり更新月を把握していたので問題ありませんがちょっと戦略を感じさせるお知らせのタイトルですね。

 

そしてこのメールアドレスは申込みをした時に来た案内のアドレスと違うので大量にメールが来る方の場合メールアドレスで振り分け設定していると見逃す可能性があります。

 

そしてメールに書かれていた案内にしたがって解約したい旨通知したところ「解約手続き完了」のメールが返信されてきました。このへんは、引き止められたりはしないのでラクです。

 

端末もSIMカードも返送不要とのことでした。勝手に処分して良いようなのでメルカリにでも出品してみようかな?

 

ちょっと見たところ案の定すでに出品している人がいました。

 

「PEPABO WiMAX を2年間使用した感想」

 

ワイマックスに乗り換える際に書いたこの記事にも書きましたようにADSLの不調のためにワイマックスを導入しました。

 

したがって、モバイルWi-Fiと言っても外出先でスマホを使うためというよりは自宅で通常のパソコンでの使用が目的でした。

 

そういうわけでルーターもL01という据え置き型のものを選択しました。

 

速度は、通常はほぼ問題なく遅いと感じたことはほとんどありませんでした。不調になったADSLのときよりは断然快適でした。

 

ワイマックスのギガ放題プランは「放題」と歌っているのに反して3日間で10ギガ以上使うと制限がかかるということは予め分かっていたので覚悟していました。

 

私はYou Tubeも一日に何時間も見ることはないのでそんなに使うことはめったに無いから大丈夫だろうと思っていました。

 

そして、実際ほとんど制限がかかることはありませんでした。

 

しかし、U-NEXTの31日間無料キャンペーンを利用して映画を何本か続けて見たときには制限がかかってしまいました。

 

最初、忘れていて何か遅いなと感じましたが、すぐに映画を何本か見たから制限がかかったのだと気づきました。

 

そしてルーターをみたところ黄色いStatusランプがゆっくり点滅していました。

 

3日で10ギガというのはネットで動画をたくさん見る人にとっては軽く超える容量ということがわかりました。

 

また、オンラインゲームをする人にとってもこの制限は致命的です。

 

したがってWiMAXはたとえギガホーダイプランでも大量の動画を見たりアップロードする人(YouTuberなど)には使えないサービスです。それ以外の人ならほぼ問題ないと思います。

 

新しく契約した回線

次は、光ということも少しだけ頭をよぎりました。私はDMMmobileを使っているのでDMM光を使うとお得という噂を聞きました(詳しくは調べていません)がDMM光は(DMMmobileも)新規受付は終了していました。

 

どうもDMMmobile楽天mobileに吸収される感じです。DMMmobileはかなり安かったので儲からなかったのかもしれませんね。楽天に吸収されると料金上がるのでしょうか?

 

そういうわけで今回もモバイルWi-Fiを使うことにしました。

 

少し調べたところPEPABO WiMAXよりも安くて3日で10ギガという制限もないモバイルWi-Fiがいくつもありました。

 

最初に、「おっ、これいいじゃん!」と思ったのはどんなときもWiFi
です。こちらは月額3480円(税別、以下同じ)、2年縛りです。詳しい条件は比較表参照。ただ、こちらは期限に端末を返却する必要があるので少し面倒です。

 

次に見つけたのが限界突破Wi-Fiです。こちらは月額3500円でどんなときもWi-Fiより20円高いですが、通常3000円かかる初期費用が0円なのでトータルすると2520円安くなります。

 

しかも限界突破Wi-Fiは期限に端末を返却する義務がないので「もうこれでいいや」と8割がた心は決まっていました。

 

そうしたところ今度はMugen WiFiというサービスがあるのを知ってしまいました。こちらは月額3280円で最安値です。そして限界突破Wi-Fi同様期日に端末の返却義務はありません。ただ、MugenWi-Fiは初期費用が3000円かかります。

 

それでも2年間トータルでは限界突破Wi-Fiよりも2280円安いです。

 

おそらく2019-12-13時点では最安値ではないでしょうか?

そこで

Mugen WiFi

に決めました。今月いっぱいはPEPABO WiMAXが使えるので1/1からMugenWi-Fiに切り替えるのがベストでした。確認したところ12月中に申し込んで1/1から開始することも可能とのことでしたのでそのように対応して頂きました。

 

したがってまだ使っていないので使用感をレポートすることはできませんが、なるべく早くレポートしようと思います。

 

※何れも消費税抜きの金額です。また、補償は加入しないものとして計算しています。

限界突破Wi-Fi どんなときもWiFi
Mugen WiFi(格安プラン)
初期費用 0 3000 3000
月額料金 3500 3480 3280
補償料/月(加入義務無) 500 400 500
契約期間 24ヶ月 24ヶ月 24ヶ月
2年間トータル 84000 86520 81720
2年後、月額料金 3500 3980 3280
解約違約金 24ヶ月未満、18000
更新月後、5000

12ヶ月未満、19000
24ヶ月未満、14000、
更新月後、9500
1~12ヶ月、9000
13~24ヶ月、5000、
更新月後、0
更新期間 3ヶ月 1ヶ月 1ヶ月
端末機種 jerfon P6(スマホ) U2s U2s
端末 返却義務なし 返却義務あり 25ヶ月使った場合返却義務なし
それ以前の解約はは返却義務あり
通信回線 クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM
データ容量 無制限 無制限 無制限
速度制限 なし なし なし

                                  (2019-12-20現在)
 

 

ということで今のところ料金的にはMugen WiFiが最安値ということになります。

 

最後までお読みいただいた方への取って置きの情報

普通であれば「最後までお読みいただきありがとうございます」で締めくくるところですがここまでお読みいただいたあなたへ感謝のしるしとしてもう一つ知らないと損をするとっておきの情報をお知らせします。

 

Mugen WiFiどんなときもWi-Fiにはさらにお得に購入する方法があるのです。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、Mugen WiFiどんなときもWi-Fiは自己アフィリエイトが可能です。

 

A8.net
で可能です。

 

こちらを利用するとMugen WiFiは3000円、どんなときもWi-Fiは5000円さらに上の表よりもお得になります。

 

また、Mugen WiFi
もしもアフィリエイトで申し込むと3070円お得になります。わずか70円ですがA8.netよりもお得です。

 

もしもアフィリエイトは標準的なアフィリ報酬より12%上乗せされるのでお得になるケースが多いです。

 

 

インターネット    コメント:0

ADSL終了しました。ワイマックスに乗り換えます。

読了までの目安時間:約 7分

 

adsl

 

快適に使えていた@niftyのADSLですが、先月あたりからものすごく遅くなりました。少し前インターネットに繋がらない原因(ADSL)に書いたように電話回線が原因で遅くなったのですが修理してもらった後は順調でした。

 

ところが先月あたりから遅くなった(300kbpsくらいか?)のでプロバイダに電話しました。そうしたところ以前契約していたプロバイダでもやったモデムの初期化を勧められたのでやってみました。

 

その時の速度は回復したのですが翌日辺りからまた遅くなりました。そしてまたサポートに電話をしたところ帯域調整というものをすると早くなる場合もあるというのでお願いしました。

 

ただ、この帯域調整をすると最高速度は今までよりも遅くなることがあるとのことでした。それでも300bpsはひどすぎるのでお願いしました。

 

そして調整してもらった結果翌日は1.2Mbpsほどになりました。いままでは最高2.2Mbpsくらい出ていたので半分くらいになりましたが300bpsよりはマシです。

 

その次の日も1.2Mbpsくらい出たのでこれで安定してくれるのならまあいいかと思っていました。ところが数日したらまた、遅くなってしまいました。

 

それでも暫くの間はものすごく遅い時間はそんなには続かなかったので我慢して使っていました。

 

しかし、ある日朝から午後までずっと遅くてどうしようもなかったので再度プロバイダに電話しました。

 

もうほとんど手は尽くしていたので相手の方もお手上げの様子でした。総務省も2025年ADSL終了予定と言っているので新たな設備投資は期待できないので改善も期待薄です。

 

場所によってはまだまだ健在

 

ADSLも場所によってはまだまだ使えますので現在運良く回線の品質の良い地域にお住まいの方は安い料金で利益を享受すると良いでしょう。ADSLは周りの環境の影響を受けやすいそうです。

 

以前いた職場のADSLはスピードも6Mほど出ていて安定していましたが自宅の方はもともとスピードも遅く2Mほどで不安定でした。何らかの要因で環境が変化してより不安定になったのかもしれません。

 

総務省の発表が影響か?

 

それが最近になって総務省の発表も影響してか不安定さに拍車がかかったので回線の変更をすることに決めました。

 

光とワイマックスの2者択一

 

選択肢は光かワイマックスですがほぼ心はワイマックスに決まっていました。理由は光は開通するまでに時間がかかる(1週間~1ヶ月)ということとやはり値段が概ね月額千円ほど高いということです。

 

ワイマックスの会社もたくさんあって全てを比較するのは面倒だったので3社ほど見てギガ放題で一番安かったペパボにしました。

 

ペパボに決定

 

ペパボの中にも3つほどコースがあって私が選んだ

 

ギガ放題プランのほか

 

キャッシュバックプラン

 

月額割引プラン

 

というコースがあります。

 

違いはというとギガ放題が一番シンプルで3609円/月で使い放題です。違約金の生じる2年間の料金を比べると

 

キャッシュバックプランというのは料金はギガ放題と同じ3609円/月ですが7ギガ/月という制限があります。しかし、+654円でその月だけギガ放題に変更することも可能です。

 

そして11ヶ月後に23500円のキャッシュバックを貰えます。

 

毎月645円プラスしてギガ放題にすると2年間の料金は(3609+654)*24-23500=78812円です。しかし、現在最初の3ヶ月はサービスでギガ放題となるので654*3を引いて76850円となります。

 

一方、2年間のギガ放題の料金は3609*24=86614円なのでキャッシュバックプランの方が9764円お得ということになります。

 

ただしキャッシュバックを受けるには端末到着月を含む11ヶ月目に銀行口座を登録する必要があり、これを忘れると貰えません。そうすると逆に13736円ギガ放題プランより高くなってしまいます。

 

予め登録できるようにしておけば良いものをわざわざ1年も後にさせるとは登録し忘れを狙ったなんともあさましいやり方です(ほとんどの会社がやっていることですが)。

 

月額割引プランは2980円で7ギガ/月まで使えるプランです。+654円で無制限になります。毎月無制限にして2年間使っても87216円でギガ放題プランより602円高いだけなので必ずしも7ギガ以上使わないという方にはお得です。

 

私はあまり迷わずギガ放題プランを選んでしまいましたが改めてこう整理してみるとキャッシュバックプランにしたほうが良かったかな? とも思います。

 

でも、申請し忘れて悔しい思いをするのも嫌なのでまっいっか! と思っています。

 

では、また使ってみてからレポートします。

 

2019-12-12追記
すぐレポートするつもりでしたが、書こう書こうと思いながら2年が経過してしまいました。更新月で更新すると料金も上がるので解約することにしました。解約の手続き、使った感想、次使う予定の回線については

 

どんなときもWi-Fi、限界突破Wi-Fi、Mugen WiFi、最安値のモバイルWi-Fiは?の記事に書きました。結構調べたのでモバイルWi-Fiを検討されている方にはお役に立てる記事となっていると思います。合わせてお読みいただけると嬉しいです。

 

 

インターネット    コメント:0

インターネットに繋がらない原因(ADSL)

読了までの目安時間:約 4分

 

電話

何度かネットに繋がらなくなって焦ったことがありますが、先日また繋がらなくなり困りました。2017/08/24頃は全国的に繋がりにくくなったようですがそれとは別の原因です。

 

もちろん今は復旧しましたが24時間近く接続不可でした。私はまだ、ADSLを使っています。

 

ADSLは安さが魅力ですがNTTの基地局からの距離によって速度が大きく変わるので設置する場所が基地局から遠いとお得とは言えません。

 

職場と自宅でADSLを使っていますが職場ですと4Mbpsほど出てなかなか快適です。

 

自宅は1.8Mbpsくらいですがこちらもほとんど不自由は感じません。ただ、以前使っていたADSLの会社は制限が掛かるのかわかりませんが時々ものすごく遅くなるときがありました。

 

サポートに電話して面倒な手順でモデムをリセットすると大抵直っていましたがあるときモデムをリセットしても改善されなかったので見切りを付けて@niftyに乗り換えました。

 

@niftyは職場でも使っていて安定していたので信頼していました。@niftyに変えたところ自宅の方も若干ですが速度が速くなり2.2Mbpsくらいになりました。

 

このように快適に使えていたのですが先日突然遅くなりました。以前経験したようにまた暑さでルーターがいかれたのかと思い百均の扇風機で風を送ってみました。

 

一旦改善されたかに見えましたがその後全くつながらなくなってしまいました。その日は夜だったのでもう諦めて次の日プロバイダーに電話して聞いてみました。

 

そうしたところ電話中にネットに接続してみたところなんと普通に繋がってしまいました。仕方がないので電話を切って様子を見ることにしました。

 

しかし、すぐさま再度繋がらなくなってしまいました。そして再度サポートに電話をしようと受話器を取ったところ雑音がすることに気が付きました。

 

もしや、NTTの回線に問題があるのではないかと思い最初116に電話して聞いてみました。そうしたところそのような件(雑音)は113の方が詳しく対処できるとのことでしたので113にかけました。

 

そうしたところやはりどこか問題があるようなので修理に来てもらいました。すると工事の人は会うやいなや「もうだいたい原因は分かりました。ちょっと来てください」と私を呼んで電話線が自宅に引き込まれる接続部分を指差して「ほら、あそこが剥がれているでしょ?」と説明してくれました。

 

電話
赤枠の中の黄色い防水ケースのようなものが剥がれていました。

 

こうなると雨水が侵入したりして雑音が入るようになったり酷い時は通話さえできなくなってしまうようです。どうやら台風やらの突風で損傷してしまったようです。

 

そしてそこを修理してもらったところ電話の雑音も消えインターネットも通常の速度で繋がるようになりました。ちなみに料金は無料でした。

 

万一、インターネットに繋がらなくなった時はプロバイダーのみならず電話回線も疑ってみたほうが良さそうです。

 

 

インターネット    コメント:0

暑い日はルーターも熱中症に注意

読了までの目安時間:約 2分

 

昨日から回線速度が異常に遅くなったので不審に思っていました。そこであれこれ調べて見ました。

 

うちの回線はADSLでもともと2M弱くらいしか出ませんでした。今回、測ってみたところ0.3Mくらいしか出ていませんでした。

 

かなり以前にもこのようなことがあってプロバイダーに電話して聞いたところ一旦モデムやパソコンの電源をOFFにして再起動するように言われ試したところすぐ直った経験がありました。

 

したがって今回もそれかと思い試してみたところ効果はありませんでした。大きなファイルをアップロードしたりするとプロバイダから制限が掛かることもあると聞いていたのでそのようなことはした覚えはないけれど念のためプロバイダーに電話して聞いてみました。

 

そうしたところ制限はかかっておらず速度もモデムのところまでは2M程度のスピードが出ていることが分かりました。

 

ということはWi-Fiルーターからパソコンまでの間でトラブっていることになります。そうしたところルーターに触ってみたところかなり暖かくなっていることに気づきました

 

そこで扇風機はないのでたまたまドコモでもらった扇子があったのでそれで煽って熱を冷ましてみました。
sensu

 

そうしたところいつもどおりの速度に戻りました。

 

ルーターって暑さに弱いようですね。これからはダイソーで小さな扇風機を買ってきて暑い日はルーターに風を送ってあげようと思います。

 

ちなみに今の部屋の温度は30.5度です。

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

 

 

インターネット    コメント:0